本文へスキップ

性暴力被害者支援情報サイト“ぱーぷるラボ”は、性暴力のない社会、二次被害のない社会、被害者が生きやすい社会を目指して作成しました。

書籍紹介Book Review

PTSDの持続エクスポージャー療法 ワークブック トラウマ体験からあなたの人生を取り戻すために性暴力被害者支援情報

 タイトル PTSDの持続エクスポージャー療法 ワークブック トラウマ体験からあなたの人生を取り戻すために
著者 バーバラ・O・ロスバウム、エドナ・B・フォア、エリザベス・A・ヘブンリー
 監訳  小西聖子、金吉晴
訳者 本田りえ、石丸径一郎、寺島瞳
 出版社 星和書店
 出版年月 2012年7月14日
 ISBN 978-4-7911-0811-4
 目次 本書をお読みいただく方へ

第1章 はじめに
第2章 このプログラムはあなたに適しているでしょうか
第3章 セッション1
第4章 セッション2
第5章 セッション3
第6章 問題を予測し、解決する
第7章 中間セッション
第8章 最終セッション

監訳者あとがき―恐怖を安心に変えるために―
索引
監訳者・訳者略歴
著者略歴
 紹介  持続エクスポージャー療法(PE)を受けようとしているPTSD患者のためのワークブック。治療者向けのマニュアル『PTSDの持続エクスポージャー療法』よりもより噛み砕いた言葉で語られており、専門知識を持たなくても治療の仕組みを理解することが出来る。
 第1章では、PTSD、PE、情動処理理論についての解説、治療プログラムの概要、セッションの構造が示されている。第2章ではPEに適する人について記載されている。
 第3章から第8章は各セッションの具体的な進め方について記載されており、各セッションに必要な資料もすべて添付されている。第7章ではPE実施の際に起こりがちな問題や困難を乗り越える方法について述べられている。最終章には“卒業”についても記載されている。治療をやり遂げた患者へのねぎらいのメッセージも載せられている。
 実際にPEを受けるPTSD患者にとって治療への理解を深め、持っていると安心な一冊。
 感想  PEについて患者目線でとてもわかりやすく解説されており、どのように治療を進めていくのかとてもよく解ります。もちろん治療者から説明を受けるのですが、本書を持っていれば、いつでも自分で治療について確認することが出来るのでお勧めです。
 私自身は実際にPEを受けてみて、PTSDの症状は回復して、トラウマ記憶に振り回されることもなくなり、普通の生活が出来るようになったので、この治療法をとても信頼しています。本書と治療者向けのマニュアルを通して持続エクスポージャー療法(PE)が広まることを願っています。


性暴力性犯罪被害者支援情報サイト

性犯罪被害者支援情報サイトぱーぷるラボは、性暴力のない社会、二次被害のない社会、被害者が生きやすい社会を目指して作成した情報サイトです

性暴力性犯罪被害者支援情報

性暴力被害者支援情報サイト
ぱーぷるラボ

E-mail:
purplelabo★gmail.com

※“★”を“@”に変換して送信してください。
匿名、仮名可です。
※返信はPCからになります。返信希望の方でPCからのメールの受信を拒否設定されている方は、お手数ですが上記アドレスを受信できる設定に変更いただけるようお願いいたします。
※相談は受け付けておりません。
※2016年8月以降パソコンの調子が悪く、サイトの更新に非常に手間取っております。重要な更新以外は年内は更新を控えます。お知らせは代わりにブログに記載いたします。
※支援関係者・専門家の方はブログの『お知らせ』の最新記事を確認した上でメールいただけるようご協力お願い致します。


inserted by FC2 system