本文へスキップ

性暴力被害者支援情報サイト“ぱーぷるラボ”は、性暴力のない社会、二次被害のない社会、被害者が生きやすい社会を目指して作成しました。

書籍紹介Book Review

患者のための医療情報収集ガイド

タイトル 患者のための医療情報収集ガイド
著者 北澤景子
出版社 筑摩書房
出版年月 2009年06月
ISBN 978-4-4800-6495-0
目次 はじめに
第1章 医者に“おまかせ”はもうできない
第2章 まずは基本的な知識を仕入れる
第3章 その治療、効きますか?
第4章 自分に合った治療法を見つける
第5章 本当に役立つ情報を見極めるテクニック
第6章 マスコミ情報との付き合い方
第7章 経験の持つ価値
おわりに
本書で紹介した主なウェブサイト
紹介文  患者やその家族が、いい加減な情報に右往左往せず、自分にとって必要な医療情報を手に入れるための具体的な手法について述べられている。
 EBM(Evidence-based Medicine:根拠に基づく医療)の5ステップ、@患者の情報を一定の形にまとめる、A該当するエビデンスを検索する、B見つかったエビデンスを吟味する、Cその上で実際に適用する、D適用した結果を評価する、に基づいて医療情報の収集方法について書かれており、基礎的な知識の仕入れ方から、検索サイトの使用方法、医学論文の検索の仕方や読み方までを、事例を挙げて解説されている。
 また、EBMと車の両輪のように、互いに補完する役割を果たすNBM(Narative-based Medicine)の概念についても紹介されている。
 医療情報が公開され、患者が治療法を選ぶ時代において、信頼できる情報を基に納得して医療を受けるための“患者の教科書”。
感想  新書ですが、かなり充実した内容です!400字では書ききれないほど紹介したい情報がありました!
 私自身も転院先を探す際に、本書が大変役に立ちました結果、納得する医療(治療法&医者)に出逢うことが出来ました♪
 書籍は自己満足で読むことが多いですが、本書は人に是非勧めたいと思える本です

性暴力性犯罪被害者支援情報サイト

性犯罪被害者支援情報サイトぱーぷるラボは、性暴力のない社会、二次被害のない社会、被害者が生きやすい社会を目指して作成した情報サイトです

性暴力性犯罪被害者支援情報

性暴力被害者支援情報サイト
ぱーぷるラボ

E-mail:
purplelabo★gmail.com

※“★”を“@”に変換して送信してください。
匿名、仮名可です。
※返信はPCからになります。返信希望の方でPCからのメールの受信を拒否設定されている方は、お手数ですが上記アドレスを受信できる設定に変更いただけるようお願いいたします。
※相談は受け付けておりません。
※2016年8月以降パソコンの調子が悪く、サイトの更新に非常に手間取っております。重要な更新以外は年内は更新を控えます。お知らせは代わりにブログに記載いたします。
※支援関係者・専門家の方はブログの『お知らせ』の最新記事を確認した上でメールいただけるようご協力お願い致します。


inserted by FC2 system