本文へスキップ

性暴力被害者支援情報サイト“ぱーぷるラボ”は、性暴力のない社会、二次被害のない社会、被害者が生きやすい社会を目指して作成しました。

書籍紹介Book Review

マイレジリエンス

タイトル マイレジリエンス
著者 中島幸子
出版社 梨の木社
出版年月 2013年4月6日
ISBN 978-4-8166-1302-9
目次 はじめに
1章 私の経験した暴力
 暴力による支配
 身体的暴力
 精神的暴力
 性暴力
 ストーカー行為
 逃げる、私の一歩
2章 離れた後の生きづらさ、症状を抱えて
 逃げ出してからもつらい日々
 うつ―耐えがたいしんどさ
 複雑性PTSD
 解離という「方法」
 トラウマと記憶の関係
 DID(解離性同一性障害)
3章 私なりの「回復」
 幸せになるとはどういうこと?
 新たな出会い
 自分自身を知りサポートするために
 自分自身を変えていく作業
4章 ☆さん支援者として
 ☆さんのために何かをしたい
 準備期間
 活動開始
 現在
紹介文  19歳から24歳までの4年半、壮絶8なDVに遭い、PTSDやDIDを患いながらも、サバイバー講演活動などを行っている著者による体験記。
 1章では、暴力による支配、身体的暴力、精神的暴力、性暴力、ストーカー行為について書かれていて、読む側にも痛みや苦しさが伝わってくる。殺されそうなほどの経験を何度もしていても、受けた暴力の中で性暴力が一番認めにくいと書かれ、性暴力がどれだけ深い傷つきをもたらすか伝わってくる。
 2章では加害者と離れた後に出てくる精神的症状について述べられており、3章では回復していく過程が書かれている。4章では☆さん(輝きを持つ人という意味、被害者を指す)支援者となり活動するさまが書かれている。大学院で再び学び、NPO法人レジリエンスを立ち上げ、現在に至るまでが書かれている。
 今でも傷や症状を抱えながらも、活躍をしている著者の体験を知ることは、多くの☆さんにとって生きる力になるだろう。
感想  著者の受けたDVは本当に想像を絶するもので、よく殺されずに済んだなと思いました。(けど加害者ギリギリ死なないラインをわかっていて、わざと生殺しにして苦しめて楽しんでいたのかもしれないとも思います。)
 これだけの暴力を受け、その後の後遺症に悩まされるわけなのに、そこから回復の道を見つけて、支援団体を立ち上げて活躍するまでになるというのがすごいと思いました。
 今でも辛くて苦しくて解離したり、フラッシュバックしたり、うつになったりすることもあっても、それでも生きて活躍しているところをとても尊敬します。

性暴力性犯罪被害者支援情報サイト

性犯罪被害者支援情報サイトぱーぷるラボは、性暴力のない社会、二次被害のない社会、被害者が生きやすい社会を目指して作成した情報サイトです

性暴力性犯罪被害者支援情報

性暴力被害者支援情報サイト
ぱーぷるラボ

E-mail:
purplelabo★gmail.com

※“★”を“@”に変換して送信してください。
匿名、仮名可です。
※返信はPCからになります。返信希望の方でPCからのメールの受信を拒否設定されている方は、お手数ですが上記アドレスを受信できる設定に変更いただけるようお願いいたします。
※相談は受け付けておりません。
※2016年8月以降パソコンの調子が悪く、サイトの更新に非常に手間取っております。重要な更新以外は年内は更新を控えます。お知らせは代わりにブログに記載いたします。
※支援関係者・専門家の方はブログの『お知らせ』の最新記事を確認した上でメールいただけるようご協力お願い致します。


inserted by FC2 system