本文へスキップ

性暴力被害者支援情報サイト“ぱーぷるラボ”は、性暴力のない社会、二次被害のない社会、被害者が生きやすい社会を目指して作成しました。

書籍紹介Book Review

性犯罪被害とたたかうということ

タイトル 性犯罪被害とたたかうということ
著者 小林美佳
出版社 朝日新聞出版
出版年月 2010年10月20日
ISBN 978-4-0225-0775-4
目次 はじめに
第1章 10年前のあの日
第2章 裁判員裁判を通して
第3章 報じられない被害の現実
第4章 秘密を抱える人たち
第5章 打ち明けられた側
第6章 顔を出すということ
第7章 被害者同士がつながる意味
おわりに
紹介文  顔と名前を公表して性被害を告白した小林美佳氏の2冊目の本。前著出版後の2年半の活動と、交流してきた約3000人の被害者の声を基にした被害の実態を伝える。
 性犯罪事件の裁判員裁判への当事者の立場から問題提起し、マスコミの取材に応じる様子、性被害を打ち明けられた知人の心情などが記載される。
 圧巻なのは、著者が交流してきた約3000人もの被害者の声を基にした性暴力被害の実態である。その人数にも、交流の質にも驚かされる。誰にも「言えない」被害を著者には告白する仲間と、一人ひとりの仲間を受け入れ親身になる彼女の間には、“本当の信頼関係”が存在していると感じる。それは、性暴力被害者が被害によって失い、そして、回復のために最も必要とするものであり、本書は3000人の被害者の救いの記録でもある。
 この本が、被害者だけでなく、それを支える周囲の人たちにも向けた、「理解」に近づくための一助になることを、著者も私も強く願っている。
感想  警察に届ける被害者は毎年2000人弱なので彼女一人で3000人の被害者からの告白を受けたってすごいなぁって本当に思います
 彼女に被害を連絡した被害者のうちの47%が彼女に実名を告げているそうです!とてもすごいことですね。

性暴力性犯罪被害者支援情報サイト

性犯罪被害者支援情報サイトぱーぷるラボは、性暴力のない社会、二次被害のない社会、被害者が生きやすい社会を目指して作成した情報サイトです

性暴力性犯罪被害者支援情報

性暴力被害者支援情報サイト
ぱーぷるラボ

E-mail:
purplelabo★gmail.com

※“★”を“@”に変換して送信してください。
匿名、仮名可です。
※返信はPCからになります。返信希望の方でPCからのメールの受信を拒否設定されている方は、お手数ですが上記アドレスを受信できる設定に変更いただけるようお願いいたします。
※相談は受け付けておりません。
※2016年8月以降パソコンの調子が悪く、サイトの更新に非常に手間取っております。重要な更新以外は年内は更新を控えます。お知らせは代わりにブログに記載いたします。
※支援関係者・専門家の方はブログの『お知らせ』の最新記事を確認した上でメールいただけるようご協力お願い致します。


inserted by FC2 system