本文へスキップ

性暴力被害者支援情報サイト“ぱーぷるラボ”は、性暴力のない社会、二次被害のない社会、被害者が生きやすい社会を目指して作成しました。

書籍紹介Book Review

『心的外傷と回復』

 タイトル 心的外傷と回復<増補版>
 著者 ジュディス・L・ハーマン
 訳者  中井久夫
解説者 小西聖子
 出版社 みすず書房
 出版年月 1999年11月25日
 ISBN 978-4-6220-4113-9
 目次 謝辞

第一部 心的外傷障害
 第一章 歴史は心的外傷を繰り返し忘れてきた
 第二章 恐怖
 第三章 離断
 第四章 監禁状態
 第五章 児童虐待
 第六章 新しい診断名を提案する

第二部 回復の諸段階
 第七章 治療的関係とは
 第八章 安全
 第九章 想起と服喪追悼
 第十章 再結合
 第十一章 共世界

付 外傷の弁証法は続いている

解説 小西聖子
訳語ノート
訳者あとがき
原注
人名索引
事項索引
 紹介  本書は性的及び家庭的暴力の被害者を相手とする著者の、臨床及び研究の二十年間の果実であり、あらゆるトラウマの諸相とその治療への方向性を具体的に示している。著者はフェミニストであるとともに、非常に優秀な学者克臨床かである。
 第一部は、外傷的事件への人間の適応のスペクトルの輪郭と範囲とを書いている。特に家庭内暴力と児童虐待について詳しく記載されており、長期反復的虐待の生存者に見られる心理学的障害に「複雑性外傷後ストレス障害」という新しい診断名を与えている。
 第二部は、被害後を生きる者にエンパワメントを行い他者との新しい結びつきを作る、回復の三段階について、順に解説している。各段階にいる当事者の事例が豊富に記載され、トラウマ体験者の回復過程が具体的に伝わってくる。
 PTSD治療にかかわる者だけでなく、トラウマを受けた人、ストレスによって無力化されている多くの人にとって、様々な指針を与えてくれる一冊。
 感想  400字の紹介文ではとても説明しきれないほど、質・量ともに重厚な一冊です。読んでみるとトラウマに関する“バイブル”と呼ばれている所以がよく解ります。特に、虐待&DV被害者にとってとても参考になるものだと思います。
 サバイバーにも支持されていますが、被害直後や抑うつ状態の強い時期には、ページ数も多く、難解で専門的であるため、なかなか読めないと思いますので無理をしないようにしてください。
 戦争参加帰還兵についての記載は、平和ボケしてしまっていて全く想像が及ばない点も多く、一度目以降は読み飛ばしてしまっていますが、レイプ後生存者と被殴打女性についての章は何度も読み返しました。私自身の回復にも役立っていてエンパワメントされ、気付きを得ることが出来る一冊です。
 性暴力被害者の支援者を名乗る人で本書を読んだことがない人がいれば、即刻読み、かつ“理解するよう”勧めたいです。

性暴力性犯罪被害者支援情報サイト

性犯罪被害者支援情報サイトぱーぷるラボは、性暴力のない社会、二次被害のない社会、被害者が生きやすい社会を目指して作成した情報サイトです

性暴力性犯罪被害者支援情報

性暴力被害者支援情報サイト
ぱーぷるラボ

E-mail:
purplelabo★gmail.com

※“★”を“@”に変換して送信してください。
匿名、仮名可です。
※返信はPCからになります。返信希望の方でPCからのメールの受信を拒否設定されている方は、お手数ですが上記アドレスを受信できる設定に変更いただけるようお願いいたします。
※相談は受け付けておりません。
※2016年8月以降パソコンの調子が悪く、サイトの更新に非常に手間取っております。重要な更新以外は年内は更新を控えます。お知らせは代わりにブログに記載いたします。
※支援関係者・専門家の方はブログの『お知らせ』の最新記事を確認した上でメールいただけるようご協力お願い致します。


inserted by FC2 system