本文へスキップ

性暴力被害者支援情報サイト“ぱーぷるラボ”は、性暴力のない社会、二次被害のない社会、被害者が生きやすい社会を目指して作成しました。

用語解説1〜性暴力とは〜

性暴力に関する用語を簡単に説明します。詳細は専門家や専門書、専門機関で確認してください。
《》内は引用です。

性犯罪とは

  • 「性犯罪」の定義
    《警察庁においては、性犯罪被害者対策における性犯罪を「刑法上の強姦、強制わいせつ等の性的欲求等に基づく身体犯」としてとらえている。具体的にこれに該当する罪種としては、
    ○(準)強姦罪、(準)強制わいせつ罪、集団(準)強姦罪及びこれらの未遂罪
    ○(準)強姦致死傷罪、( 準) 強制わいせつ致死傷罪、集団( 準) 強姦致死傷罪、強盗強姦罪及び強盗強姦致死罪となる。》
    〈参考〉 性犯罪捜査研究会編著『性犯罪被害者対応ハンドブック〔再訂版〕− 性犯罪被害の発生・届出そのときのために』より
  • 《刑法では、13歳未満の子供は性的な同意能力がないとみなしています。よって、13歳未満の子供に対するわいせつ行為は違法となり、13歳以上では暴力や脅迫を伴う場合に性犯罪となります。》
    〈参考〉藤森・野坂『子どもの性暴力・・・その理解と支援・・・』P4より

性暴力とは

  • 性暴力とは 明確な定義はなさそうですが、性犯罪よりも意味が広く、“意に反する性的な言動すべて”が該当するという考え方が主流です。性暴力の中に、性犯罪、性的虐待、セクシュアルハラスメント、デートレイプ、マリタルレイプ、痴漢、露出狂、盗撮、ポルノなどが含まれます。
  • 《性暴力とは、性を手段とした暴力のことであり、「本人の意に反した性的な言動」と定義されます。「意に反する」というのは、被害者が「嫌だ」と言ったときだけではなく、嫌だけれど断れない、逃げられない、応じざるを得ないといった状況も差します。除きや盗撮のように、本人が気付かないうちに受ける性被害もあります。睡眠中や、薬物、アルコール等の影響によって、本人の意思が示せず、判断力が低下している状況での性的言動も性暴力です。つまり、本人の意思が尊重され、お互いの同意に基づいているかどうかが、性的行為と性暴力を区別する基準になります。相手の意思を無視することは、人の尊厳を深く傷つける暴力なのです。》
    〈参考〉藤森・野坂『子どもの性暴力・・・その理解と支援・・・』P4より

性的虐待とは

  • 《児童虐待とは、「保護者(親権を行う者、未成年後見人その他の者で、児童を現に監護するものをいう。以下同じ。)がその監護する児童(十八歳に満たない者をいう。以下同じ。)について行う次に掲げる行為をいう。」》
    〈参考〉児童の虐待防止に関する法律(児童虐待防止法)より
  • 《性的虐待とは 児童虐待の中で「児童にわいせつな行為をすること又は児童をしてわいせつな行為をさせること」》
    〈参考〉児童の虐待防止に関する法律(児童虐待防止法)より
  • 法令では加害者は保護者となっていますが、保護者に限らず身近な大人が児童に対して性暴力を働くことを性的虐待だという場合も見られます。

DV(ドメスティックバイオレンス)とは

  • 《「配偶者からの暴力(DV)」とは、配偶者からの身体に対する暴力(身体に対する不法な攻撃であって生命又は身体に危害を及ぼすものをいう。以下同じ。)又はこれに準ずる心身に有害な影響を及ぼす言動(以下この項において「身体に対する暴力等」と総称する。)をいい、配偶者からの身体に対する暴力等を受けた後に、その者が離婚をし、又はその婚姻が取り消された場合にあっては、当該配偶者であった者から引き続き受ける身体に対する暴力等を含むものとする。》
    〈参考〉配偶者からの暴力防止及び被害者の保護に関する法律より
  • DVの中には、身体的暴力、精神的暴力の他に、性的暴力があります。婚姻関係にあっても、意に沿わぬ性的行為は性暴力といえます。

セクハラ(セクシュアルハラスメント)とは


二次被害とは

  • 被害に遭った人が、被害に関する第3者の言動で再び傷つくことを言います。多くの被害者が二次被害に傷つけられ、苦しんでいます。
  • 性暴力の場合では、警察や裁判で被害者の男女関係を執拗に尋ねるとか、「あなたが悪かったんじゃないの」、「(加害者とは)恋愛関係にあったんじゃないの」などと言われたりするのが一例です。

サイト内リンク

用語解説2〜性暴力に関連する用語〜
用語解説(上のページへ)


性暴力性犯罪被害者支援情報サイト

性犯罪被害者支援情報サイトぱーぷるラボは、性暴力のない社会、二次被害のない社会、被害者が生きやすい社会を目指して作成した情報サイトです

性暴力性犯罪被害者支援情報

性暴力被害者支援情報サイト
ぱーぷるラボ

E-mail:
purplelabo★gmail.com

※“★”を“@”に変換して送信してください。
匿名、仮名可です。
※返信はPCからになります。返信希望の方でPCからのメールの受信を拒否設定されている方は、お手数ですが上記アドレスを受信できる設定に変更いただけるようお願いいたします。
※相談は受け付けておりません。
※2016年8月以降パソコンの調子が悪く、サイトの更新に非常に手間取っております。重要な更新以外は年内は更新を控えます。お知らせは代わりにブログに記載いたします。
※支援関係者・専門家の方はブログの『お知らせ』の最新記事を確認した上でメールいただけるようご協力お願い致します。


inserted by FC2 system